フローフローは、ファスティング、プロバイオティクス、植物の力と微生物の営みを美容・健康のために役立てます。FlowFlow:流れているのは、いのちです。
ホーム
0
カテゴリー
キーワード
コンテンツ

フローフロー 暮らしにこだわりをもつあなたへ

カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • ファスティングの進め方
  • ホーム
  •  >   ファスティングの進め方

FASTING Life
ファスティングの進め方

美容や健康のために、ファスティングをされる方が増えています。効果的なファスティングですが、やり方を間違えるとかえって体に負荷をかけてしまいます。初心者も経験者も、基本はしっかりおさえましょう。

スポーツでもまずは軽いランニングや柔軟体操など、ウォーミングアップから始めます。そして練習や試合へ。最後は必ずクールダウン。

準備前の大切さのイメージ

ファスティングでも「準備→断食→復食」の3ステップ。じつは最後の「復食期」が一番大切です。

実は復食期が大切
 
ファスティング準備期

ファスティングを行う前に、体を慣れさせるための準備期間です。食材は「マゴワヤサシイ」&「玄米」中心で。

「マゴワヤサシイ」食材
ビタミンやミネラルなどバランスよい食材の語呂合わせ。ファスティングではかならず出てくるキーワードです。覚えやすいです

マゴワヤサシイ

食材を見ていると、「一汁三菜」メニューが思い浮かびます。和食文化が世界から注目されているのも納得です。

一汁三菜はファスティング食に合う

高脂質・高タンパクの食材は避けて、生野菜や果物、発酵食品などを摂るようにしてください。ファスティングを始める前日は夕食を早めに済ませて就寝し、体調を整えておきます。

[ ポイント ]

  • 高脂肪、高タンパクのもの(お肉、卵、揚げ物、スウィーツetc...)
  • アルコール

は控えましょう。消化の負担を軽くして、準備に入ります。

[ ポイント ]

  • 20時までに食事を終える。

消化に適した時間に、消化を終えるためです。

ナチュラルハイジーンによる体のサイクル

参考:
(※)『フィット・フォー・ライフ』ナチュラル・ハイジーンの消化サイクル

ファスティング期

「食」を「断」つ「ファスティング」期間です。でも、ご安心ください。栄養素豊富で吸収しやすい酵素ドリンクを活用します。

ファスティングに酵素ドリンク活用

[ 流れ ]

  • 朝起きたら、まずお水を飲みましょう(良質なもの)。
  • 水(2L/日)と酵素ドリンク(4-5回/日)で過ごします。
  • 眠気やだるさなどあるときは無理はしない。
  • 普段と違う変化や症状を感じてみる。症状にはひとつひとつ理由があります。
  • 夜は、早めに寝ましょう。
 

酵素ドリンクは原液のままでも、水で薄めても構いません。水2Lが多く感じるかもしれませんが、代謝のためにとても大切。ノンカフェインであればお茶を飲んでも構いません。ルイボスティーがお薦めです。ハーブティーやそば茶、たんぽぽコーヒーなど。

水分補給のイメージ

[ 様々な変化(好転反応) ]

だるい、ねむい、頭痛、ふらふらする、気分が悪い、寒気がする、唾液がでる、吹き出物、口内炎、内臓がひくひくする、腰が痛い、便秘etc...

 

ファスティング中はたまった毒素を出そうとしたり、細胞を修復したりします。そのための様々な変化を体感します。それらひとつひとつには理由があります。基本は無理をしないでゆったりと過ごすこと。

[ 対処法の例 ]

  • 頭痛がひどいとき:塩をひと舐めする、梅干し、みそ汁を飲む。
  • 冷えるとき:温かいものを飲む。服を着る。ぬるま湯につかる。
 

ファスティング中の体は省エネモード。無理な運動などは控え、柔軟やウォーキング程度が好ましいです。集中力も弱まっていますので、運転をされる際は十分な注意が必要です

また、寝ている時間は代謝酵素がよく働きますので、早めに寝て細胞のリセットをサポートしましょう。ぐっすりお休みください。

復食期
おもゆとお味噌汁

普段の食事に戻すための期間。ファスティングで最も大事な期間です。

[ ポイント ]

  • 胃や腸に大きな負担をかけないこと
  • おもゆ、おかゆ、お味噌汁から食事の再開。
  • 急に固形物、アルコールは摂らない。キケンです。
  • 準備期と同じように、「マゴワヤサシイ」食材を中心に、高脂肪、高タンパクのものは控え、徐々に普段の食事に戻していきます。
 

「ファスティングが終わった!」と固形物を食べたり、お酒を飲むというのが最もよくありません。急な変化は、負担が大きいからです。例えば、急ブレーキ、急ハンドル、急な坂。それまでと急になにかが変化すると負荷がかかります。

ファスティングを最大限活かせるかは「徐々に」です。

食べたい!飲みたい!と真っ先に思ったら、ファスティング期間が「我慢」という精神状態からの反動かもしれません。ファスティングは普段と違う暮らし、体の変化も味わえるとよいです。本来の味覚を取り戻すと、食への「ありがたさ」が湧いてきます。

苦行のように食べることを我慢して、悟りを開くのが目的ではありません。ファスティングの目的は細胞のリセット。

ファスティングの目的は細胞のリセット

部屋を掃除をすると気分が晴れやかになります。細胞を大掃除して、細胞も生まれ変わったら、きっと心も体も生まれ変わります。

細胞から生まれ変わるイメージ
細胞のリセットイメージ

適切なファスティング、本来の意味でのダイエットにはそんな可能性があります。

 

参考:
『FASTING DIET』山田豊文監修
『細胞から元気になる食事』山田豊文著
『ビタミン・ミネラル革命』山田豊文著
『脳がよみがえる断食力』山田豊文著
『夫婦で楽しむ、ファスティング入門』山田豊文・船瀬俊介著
『週末だけ酵素プチ断食』鶴見隆史著
『究極の断食力』田中裕規著
『フィット・フォー・ライフ』』ハーヴィー・ダイアモンド著
『Fasting-And Eating-For Health』Fuhrman, Joel著
『Health Through New Thought and Fasting』Wattles, Wallace D.著
『Fasting for the Health of It』Herbert M. Shelton著
『The Fasting Edge』Franklin, Jentezen著

忙しい現代人
ファスティングビンテージキャンペーン

「ファスティング・ヴィンテージ」 「ファスティング・ヴィンテージ」3本セット【送料無料】【人気】

食や暮らしに関して、現代は大変便利になりました。一方で、添加物や遺伝子組み換え、農薬、環境ホルモンなど体によくないものが入ってきやすい時代でもあります。あれもダメ、これもダメと選んでいくと残りはわずかしかありません。現代の恩恵は受けつつも、入ってきたら出せる力、そのやり方を知っておくこと、暮らしに取り入れることが、これからの生活の質を左右します。

ファスティングはともてよいことが多いですが、その分、やり方を間違ったり、勝手にやると危険な面もあります。また、おすすめできない方もいます。

【FlowFlow】では12年の酵素ドリンク取り扱いの経験を皆様と共有しながら、ファスティングを安全に進められるよう努めております。特に初心者の方はお気軽にご相談ください。

お役立ちコラム

フローフローショップについて

取り扱いブランドの紹介

酵素サプリメントや発酵飲料に関することなら【FlowFlow】へ

Seller Office Kaleido Inc.
Address 2-12-24 Shinmachi,Kokubunji,Tokyo 185-0004,Japan
Tell 042-403-7818
Contact Form
Concept https://flowflow.jp
Shop https://flowflow.shop
Company https://office-kaleido.com
ご注文の流れ 安心のセキュリティ 会員登録について 余白 会員登録はこちら 余白 ログインはこちら