フローフローは、ファスティング、プロバイオティクス、植物の力と微生物の営みを美容・健康のために役立てます。FlowFlow:流れているのは、いのちです。
ホーム
0
カテゴリー
キーワード
コンテンツ

フローフロー 暮らしにこだわりをもつあなたへ

カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • ファスティングを行う際のポイント
  • ホーム
  •  >   ファスティングを行う際のポイント

ファスティングを行う際のポイント

皆様の美容と健康をサポートする【FlowFlow】では、腸内善玉菌の栄養源「プロバイオティクス」が入った酵素サプリメント、酵素ドリンクなどを通販でご提供中です。様々な発酵食品が出回る中で、本当に良いものを探しているという方はぜひご利用ください。ファスティングを行う時にも役立つ素晴らしい商品となっています。そんなファスティングを始めるにあたり、意識していただきたいポイントをまとめました。

ファッショントレンドのファスティング

筋力を落とさないために軽い運動をする

断食ブーム

ファスティング中の激しい運動は避けた方が無難ですが、体力や筋力を落とさないためにも軽い運動を続けるようにしてください。

散歩程度のウォーキングや、ゆったりとした動きのヨガ、ストレッチなどは、気分もスッキリしますし空腹感を紛らわせることもできます。体を動かした後はしっかり水分を補給し、脱水症状には注意しましょう。

常温か温かい白湯で体を冷やさない

摂取するものが水分のみになると、食事誘発性体熱生産が起きずに体温が下がりやすくなります。そのため、なるべく水は常温のまま、寒さが気になる時は白湯を飲んで体を冷やさないようにします。夏であっても肌が出る服装は避けて、足湯や運動などを行い暖かく過ごしてください。

空腹が気にならないよう工夫する

消化機能の休息

ファスティング中の空腹は、酵素ドリンクである程度しのぐことができますが、何かスケジュールを立てて過ごすとイライラせず、楽しい時間を過ごせるはずです。

例えばエステサロンやネイルサロン、美容室に行くなど、自分磨きの時間として身も心もリフレッシュしてはいかがでしょうか。じっくり半身浴をしたり、読書に没頭したりするなど、空腹が気にならないよう工夫しましょう。

回復食に避けたい食材を知っておく

消化機能の休息

せっかくのファスティングを無駄にしないためにも、回復食には胃に刺激を与えるもの、また消化しづらいものは避けましょう。お肉やお魚、揚げ物はなるべく数日間我慢することをおすすめします。乳製品も消化しにくいため、牛乳やヨーグルトはしばらくお休みしてください。

他にも、塩分が強いもの、甘いものも回復食には避けましょう。おかゆやスープを作る時は薄味を心がけることがポイントです。カフェインの多いコーヒーや、刺激の強いアルコール類も回復食が終わってから楽しむようにしてください。


健康な体をキープしたい、安心して摂れる発酵食品を探しているという方は、ぜひ【FlowFlow】の通販をご利用ください。食品添加物・人工甘味料・化学調味料は一切使わず、100種類以上の植物発酵エキスを再現した「ハーモニックエンザイム」や、プロバイオティクス酵母菌群の力で発酵した後、時間をかけて熟成した「プロバイオティクス-E-ライフ」など、一押しの商品をお届けします。

発酵食品を使ったファスティングで健康維持を目指す際、お役立ていただければ幸いです。

お役立ちコラム

フローフローショップについて

取り扱いブランドの紹介

酵素サプリメントや発酵飲料に関することなら【FlowFlow】へ

Seller Office Kaleido Inc.
Address 2-12-24 Shinmachi,Kokubunji,Tokyo 185-0004,Japan
Tell 042-403-7818
Contact Form
Concept https://flowflow.jp
Shop https://flowflow.shop
Company https://office-kaleido.com
ご注文の流れ 安心のセキュリティ 会員登録について 余白 会員登録はこちら 余白 ログインはこちら